1. ホーム

いつ「あの痛み」がくるか…。発作に怯える生活にさようなら!自分や家族のために痛風と向き合おう

「痛風」それはある日突然私たちの体を襲う、激痛を伴う病。

もし、

  • 30~40代の働き盛り
  • 男性
  • お酒が大好き
  • 食べることが好き
  • 若い頃より体重が増えている
  • 運動する暇もない
  • 家と会社を往復する毎日を過ごしている
これらの項目にいくつもあてはまるなら要注意!

いつの間にか、あなたの体にも「痛風」の魔の手が忍び寄っているかもしれません。

このサイトでは、最近、日本で患者が増えている痛風の症状や、その原因、痛風発作が起きたときの対処法、痛風を予防するためにするべきことなどについて、できるだけ皆さんに分かりやすくお伝えしたいと思っています。

「今まで大丈夫だったから、これからも大丈夫」と自分に言い聞かせつつ痛風の恐怖から逃げるより、自分の体と向き合って、痛風にならない体にチェンジしませんか?

痛風と言えばまずチェック!血液検査で確認できる「尿酸値」とは

痛風発作がいつ起こるかを知ることはできません。

しかし、自分が痛風発作を起こす可能性があるかどうかは、血液検査のある項目を見ればすぐ分かります。

その項目とは「尿酸値」。

人間は生きている間、常に古い細胞を新しい細胞に作り替える「新陳代謝」を行っています。

この新陳代謝で古い細胞を分解する際に作られるプリン体が、肝臓でさらに分解されてできたのが「尿酸」です。

「尿酸値」とは、血液中に含まれる「尿酸」の量を示しています。

目安は、尿酸値が7.0mg/dlより上かどうか。 痛風の原因、高尿酸血症とは?

尿酸は、通常、尿や汗として体外に排出されます。しかし、何らかの原因で尿酸の生成と排出のバランスが崩れてしまい、血中の尿酸濃度が高くなることがあります。この尿酸濃度が高くなった状態は「高尿酸血症」といわれ、痛風の原因となります。

では尿酸がどれくらい増えると痛風発作の危険があるのでしょうか?

目安としては、「7.0mg/dl」より上というのが定説です。

これは血液1dl(デシリットル(1リットルの10分の1))の中に、尿酸が7mgより多く含まれているという意味です。

ちなみに、尿酸値の平均値は、男性3.5mg~7.0mg/dl、女性は2.4mg~5.8mg/dlだそう。

日本痛風・核酸代謝学会では、男女共に7.0mg/dl以下を尿酸の正常値としています。

「7.0mg/dl」を境界とする理由は、これが尿酸が血液に溶ける限界の濃度だから。

痛風発作は、溶解度を超え溶けきれずに血液中で結晶化してしまった尿酸がもたらします。

放置しておくと命の危険もアリ!痛風の原因、高尿酸血症が引き起こすさまざまな病気

高尿酸血症は痛風を含め、さまざまな病気の一因となることが分かっています。

1.高尿酸血症がまねく病 代表選手「痛風」

高尿酸血症の人の血液中では、濃度が高くなりすぎて溶け残った尿酸が結晶となり、血管を通って全身に運ばれます。

尿酸の結晶は関節などに付着し、蓄積していきます。

蓄積した尿酸の結晶はふとした拍子に剥がれることがあり、剥がれた結晶が血管や関節を傷つけ、炎症を起こします。

これが痛風発作のしくみです。

結晶が剥がれるだけで激痛が伴うのは、尿酸の結晶が、針のように鋭く尖った形をしているからと考えられます。

痛風の発作は、

  • 夜明け前に起こることが多い
  • 発作の約70%が足の関節(特に親指)に起こる
といいます。

発作の箇所は赤く腫れあがり、靴が履けないほどになることもあります。

また痛風の痛みは、体験者によりさまざまに語られていますが、「釘を力任せに打ち込まれた」とか「骨を砕かれた」など、読んでいると背筋がぞっとするような、想像を超えた声が寄せられています。

しかし痛風が怖いのは、それほどの痛みが数日~一週間ほどで何事もなかったかのように消えてしまうこと

このため、治ったと勘違いして、さらに症状を悪化させてしまう人も少なくありません。

2.高尿酸血症がまねく病 恐ろしい「腎障害」

痛風の原因となる尿酸は、腎臓から尿として体外に排出されます。

不要な尿酸を排出するため、高尿酸血症の腎臓は常にフル稼働状態。

それでも間に合わない場合、尿酸が腎臓内にとどまり、炎症を起こすようになります。

まさに内蔵の痛風発作

このような状態の腎臓を「痛風腎」と呼びます。


痛風腎に自覚症状はありませんので、知らないうちに病状は進行し、腎臓の主な働きである「体の中の老廃物をろ過して排出する」ことができなくなっていきます。

この働きが正常の60%以下になった状態は、「慢性腎臓病(CKD)」と呼ばれます。

しかしまだまだ自覚症状はありません。

老廃物をろ過する力が弱くなった腎臓に、尿酸は溜まり続けます。

この頃になってようやく尿量の増加、尿にたんぱくが出るなどの症状が出始めます。

それでも放置していると、進行が進み腎臓の働きが正常の30%以下になる「腎不全」となる可能性があります。


腎不全になってしまうと尿量が減少したり、血尿が出たりとさまざまな自覚症状が現れます。

そして、健康的な生活に戻ることが難しくなります。

命をつなぐために、人工透析を受けなくてはならなくなるからです。

3.高尿酸血症がまねく病 命にかかわる「合併症」

「痛風」を引き起こす「高尿酸血症」の原因は、高カロリーの食事や飲酒、運動不足やストレスなどと言われています。

この原因、他でも聞いたことがありませんか?

そうです。「メタボリック・シンドローム」の原因そのままなのです。

このメタボリックシンドローム(以下メタボ)は肥満が大きな特徴で、増えすぎた脂肪が血液をドロドロにし、それにより動脈硬化や高血圧を引き起こします。

高血圧は言わずと知れた、心臓疾患や脳梗塞の原因です。

たっぷりたまった内蔵脂肪から分泌される物質は、尿酸の代謝にも異常を起こし、「高尿酸血症」の原因ともなります。

高尿酸血症とメタボの関係は密接で、メタボの患者には高尿酸血症、痛風を発症している人が多くいます。原因が同じなのだから当然ですね。

「高尿酸血症」の治療を行うことで、ひいては心臓疾患・脳疾患を予防することになるということです。

家族の方も必見!今日から始める痛風の原因「高尿酸血症」を改善する方法

「痛風」や痛風を引き起こす「高尿酸血症」について、ご理解いただけたでしょうか。

高尿酸血症の恐ろしさは、

  • 自覚症状がないために、病状の進行に気づきにくい
  • 医師から発作の可能性アリと指摘されても、日常生活に支障がないため治療に積極的になれない
ことです。

誰しもが「まずい!」と感じる自覚症状が痛風発作ですが、実際に尿酸値が基準値を超えたとたんに痛風を発症するわけではないので、治療を先延ばしにしているうちに病状が悪化してしまうのです。

しかし一度発作を起こしてしまうと、再び痛風発作に見舞われる可能性が高くなり、医師の治療が必要です。

病状が進むにつれ改善の見込みは低くなり、最悪の場合命を危険にさらすことにもなります。

では、そのような負の連鎖を防ぐため、痛風の原因である高尿酸血症を治療する2つの方法をご紹介します。

1.医師の力を借りましょう。病院での投薬治療

尿酸値が9mg/dlを超えているなど、既に病状が深刻な場合には、一刻も早い治療が望まれます。

病院で行われる治療は、医師の指導のもとでの投薬治療です。

定期的な通院が必要になるでしょう。

2.尿酸値は自分でもコントロールできます。生活改善で治療

痛風の原因となる高尿酸血症は、メタボとほぼ同じ高カロリーの食事や飲酒、運動不足やストレスが原因になります。

つまり生活習慣病です。

ということは、生活習慣を変えれば病状の悪化を防げると考えることができます。

生活習慣の改善なら、家族も協力できそうです。

ではどんな風にすればよいのでしょうか?

食生活でコントロール

尿酸は細胞の新陳代謝の際に作られるプリン体が、さらに分解されることで作られます。

ですから尿酸を作らないようにするには、原料であるプリン体を減らすことがポイントとなります。

プリン体は多くの食品に含まれているため、ゼロにすることはできませんが、プリン体を多く含む食品を意識して控えることはできるでしょう。

シーフード

プリン体が多い食品は、いくらなど魚卵、えび・カニなどのシーフード、カツオなど。

高カロリーの食事は、結局のところプリン体の過剰摂取と同じと考えましょう。

プリン体の少ない食品であっても、食べ過ぎてしまうと逆効果です。

また、尿酸排出の手助けをしてくれる海藻類を摂ることもおすすめです。

飲酒でコントロール

暴飲はもちろんNGです。酒が百薬の長となるのは、適した量を嗜む場合のみだと心得ましょう。

もし飲むなら、ビールよりもワイン、ウイスキーの方がプリン体が少ないのですすめです。

どうしてもビールを飲みたいというならば、最近はプリン体を減らした商品も発売されているので、それをセレクトしても。

運動でコントロール

痛風は、体の中の尿酸が増えることにより発症します。

前述のように、痛風の原因である尿酸と肥満には、密接な関係があります。

肥満になり内臓脂肪が増えると、尿酸の代謝に異常をきたし腎臓から尿酸が排出されにくくなり、痛風発作が起きやすくなるのです。

よって、ダイエットで脂肪を減らすことは、痛風の予防につながると考えられます。

さて、ダイエットには食事制限はもちろん、適度な運動が不可欠なのは周知の事実です。

それだけでなく、運動は痛風の要因の1つであるストレスの解消にもなるため、ぜひ実施してほしいところです。

しかし、運動を始める前に知ってほしいのが、運動には有酸素運動(ウォーキングなど)、無酸素運動(筋トレなど)があり、無酸素運動は尿酸値を上げてしまうということ。

したがって、痛風対策ならば有酸素運動を積極的に行いたいですね。

ストレッチ

会社や家でたった5分間のストレッチ。習慣化すれば体質改善などが期待されます。

ストレス軽減でコントロール

現代社会はストレス社会と言われるように、誰もが大なり小なりストレスを抱えて生活しています。

ただ、あまりにも過度のストレスがかかると、人間の体はさまざまな支障をきたします。

尿酸値が上がるなどもその一例です。

適度な休息、適度な運動、音楽を聞いたり、景色のよい公園を散歩したりと、自分なりのストレス解消法を見つけ、ストレスフルな状態から抜け出しましょう。

習慣を変えるのは大変!簡単なサプリから始めてみませんか?

一度、痛風発作を経験した方なら、二度と発作に見舞われたくないと思うことでしょう。

未経験の方も、いつ起こるかとびくびくしながら生活するのはやめたいですね。

そのためには、生活習慣を改善し尿酸値を下げることが必要です。

しかし、長年培ってきた習慣を変えるのは容易ではありません。

一杯の後の〆のラーメンを止めるなんて絶対に無理!という人もいるのではないでしょうか。

また、無理に生活習慣を変えようとすることが、ストレスになっては本末転倒な結果となりかねません。

できるだけストレスなく痛風対策をしたいときに便利なのがサプリメントです。

サプリメントの最大のメリットは、気軽に、手軽に始められ、続けやすいことです。

仕事が忙しくて生活が不規則にならざるを得ない、食事のメニューを考えるのが大変、そんなときに試してみてはいかがでしょうか。

もちろんある程度の費用負担はありますが、時間の制約がなく、場所を問わない、家族への負担も少ないなどメリットもたくさん。

当サイトではおすすめのサプリを紹介していますので、ぜひ、ご覧くださいね。

健康サプリメントお薦めランキング

1日4粒で満足度94%の実感力
白井田七
4.6
価格 7,960円(税別)
メーカー さくらフォレスト株式会社
送料 送料無料
返金保証 15日返金保証
特典 初回39%OFF
白井田七

白井田七は、不規則な生活習慣で不安を抱える方、食生活のバランスが気になる方の為の、和漢系サプリメントです。

合成素材は一切不要、有機栽培の田七人参を限りなく天然に近い状態で錠剤にしています。栽培から加工、そして製造まで…。徹底した一括管理の元に誕生した白井田七は、他に類を見ない品質の高い商品です。

生活習慣を徹底サポート
慈凰
4.5
価格 9,800円(税込)
メーカー ジーサックス健康食品
送料 540円(沖縄を除く)
返金保証 未開封に限り7日以内
特典 2箱購入で更に1箱無料
慈凰

慈凰は、高品質な海洋性アンセリンを1箱中15000mgも配合。また菊花ポリフェノールやシークワーサーフラボノイドなど、こだわりの成分を豊富に含んでいます。

徹底した品質管理で製造され、1日3粒飲むことで生活習慣を全面的にサポートします。

何度も繰り返す悩みに!
恵葉プレミアム
3.3
価格 7,980円(税込)
メーカー 株式会社コアシステム
送料 全国一律864円
返金保証 不良品に限り7日以内
特典 手数料無料
恵葉プレミアム

恵葉プレミアムは、質と量にこだわった1日3粒から始められる健康サプリメント。

高純度のアンセリンの含有量は国内最高峰。更に奇跡の植物と呼ばれるキャッツクローなど、こだわりある天然成分がバランス良く配合され、生活習慣病を改善します。