1. ホーム
  2. コラム
  3. ≫痛風の特徴と原因

痛風の特徴と原因

痛風とクローバー

痛風とは、一体どのような病気なのでしょうか。

ある日、突然、足の親指が痛みだすというのは感じて分かるものですが、この痛みは並大抵なものではありません。

どのくらい痛いのか例えると、大人が歩けなくなる程の激痛です。

それも2・3日歩くことができない激痛だと言いますから、驚きです。

この痛みは、発作みたいに起こっては感じないと痛みがあったりなかったりを繰り返すので、痛風発作と言われています。

痛風発作の期間

男女

痛風発作の期間について説明をします。

初めての発作は、1週間程度で治まります

ですが、これで治った気分になり、放っておいたら大変なことになります。

次の痛風発作に襲われることになるのです。

第二弾の痛風発作は、それが治まってから、半年から一年後にまた起こってしまうのです。

繰り返されていく度、痛風発作期間は短くなっていき、足は腫れて変形し、関節も痛くなってきます。

目に見えている部分だけでなく、やはり内臓障害も進行している証拠となります。

2・3日歩けない状態で、病院に行かない人の方が少ない事なのかもしれません。

ですが、その中でも忙しい方々は、痛みに耐え続け、放っておくこともあるかもしれません。

それが目で見えるような結果があります。

女性よりも男性の方が痛風にかかる確率が高いのです。

実は、それが痛風の大きな原因の一つとなります。

痛風の原因を次に紹介します。

痛風の原因

痛風の原因は一体、何でしょうか。

痛風とは、の後半部分で説明したように、別名「贅沢病」と呼ばれた痛風の原因は、生活にあるのかもしれません。

痛風は、生活習慣病の一種とされています。

生活習慣病の種類の中にある痛風の代表的な原因を紹介します。

  • 暴飲暴食
  • 運動不足
  • ストレス
この三つだけなのです。

このどれも簡単且つ単純で予防をしようと思えば、できる要因なのです。

ですが、何故、発症してしまう方がでてきてしまうのでしょうか。

痛風とはで記載したとおり、男性の方が圧倒的に発症するこの病気は、ストレスに一番関係していると言えるのではないでしょうか。

ストレスを上手く解消できれば、暴飲暴食にならず、運動不足にも繋がらないことなのではないでしょうか。

体に気を付けず、そんな生活を繰り返していたら、痛風になりやすいということでしょう。

しかし、ストレス社会にある現代で生活リズムを整えるのは難しいことなのかもしれません。

体を大切に、痛風になりたくないなら、個々のストレス解消法を見つけることが大事なのかもしれません。

医学的に発表されている痛風の原因

男女

医学的に発表されていることは、痛風の原因である血液にある尿酸の数値が、女性に比べ、男性の方が圧倒的に多いということです。

痛風の原因となる尿酸の数値は、7.0を超えた状態が数年間続き、初めて前記で紹介した痛風発作が起こるということなのです。

痛風は一生と言っていい程、あなたを苦しめてしまいます。

ストレスを解消しつつ、上手く自分の体と付き合うことが、痛風になる原因をなくす大事なことだと言えるでしょう。