痛風を患っていても、仕事の付き合いは避けられない・・・

ビールで乾杯

痛風の食事制限中でも、ちょっと注意をすれば外食も問題ないと述べてきました。

しかし、病気のことを知っている家族との外食ならともかく、仕事の付き合いが避けられず困ってしまうという人もいるようです。

痛風とアルコール

特に、仕事の付き合いというと、お酒がつきものです。

今回は、そのお酒と痛風について考えてみましょう。

ビール

痛風という病とお酒に含まれるアルコールは、非常に強い関連があることが知られています。

アルコールは体内の尿酸生産量を増やし、腎臓からの尿酸排泄能力も低下させます。

毎日、飲酒をしている人は、尿酸値がそれほど高くなくても、痛風発作を起こしやすいことからも、痛風がアルコールと密接な関係を持っていることが分かります。

したがって、一番の理想は、痛風がある人は、お酒を飲まないことです。

では、それが難しいならば、どうすればよいでしょうか。

アルコール

痛風の食事療法が、いかなる食べ物をも禁止しなかったように、アルコールも禁酒が望ましいものの、摂取を禁止されてはいません。

その理由として、アルコールの摂取を禁止することが強いストレスにつながり、痛風によくないことがあげられます。

さらに、アルコールは百薬の長といわれるように、飲酒のメリットが知られているように、必ずしも悪いことばかりではないことも理由の一つです。

飲酒のメリットは、適量の飲酒であれば、脳梗塞になる確率を低下させることや、善玉コレステロールを増加させ、高脂血症を予防することがあげられます。

つまり、アルコールには痛風の合併症を予防する側面もあるということです。

以上より、痛風の患者さんにとって禁酒が望ましいものの、それが難しいならば、適量を守ることが大切になります。

適量とは、ビールで言えば、中ビン1本(500ml)です。

お酒の付き合いの中では、乾杯をして、お酌をされたときに一口ずつ口を付けていけば、それくらいの量になってしまうかもしれません。

痛風とおつまみ

そして、お酒の席で、飲酒の仕方以外に気をつけたいのが、おつまみです。

一般に、おつまみといわれる物は味が濃く、高カロリーです。

おつまみ

食事と別扱いで考えてしまいがちですが、口にするという点で食事と同じ扱いになり、カロリーや栄養バランスを考える必要があります。

お酒自体にカロリーがありますので、おつまみは特に低カロリーのものを選ぶ必要がありそうです。

痛風を患っているからと、仕事の付き合いを大きく制限する必要はありません。

しかし、毎日のような飲酒や深酒は避けなければなりません。

ぜひ、お酒の席でのちょっとした工夫で、乗り切りましょう。

次では、痛風の食事療法について、これまで書いてきたことをまとめてみたいと思います。