1. ホーム
  2. コラム
  3. ≫痛風の大敵プリン体の影響とは

痛風の大敵プリン体の影響とは

ビールの空き箱

痛風で一番気をつけなければならない成分というのはプリン体であるということが言われています。

ビールなどでプリン体○○パーセントオフというようなキャッチコピーを目にするという人は多いでしょう。

プリン体というのは、痛風の大敵である尿酸を作り出すもので、体内で分解された後尿酸となります。

この尿酸というのは一概に悪い物質ではありません。

この尿酸というのは体内で分解されたあと体内の悪い物質を尿として体外に出すという作用があるため、人にとっては大切な物質なのです。

尿酸値とプリン体

では、なにが駄目なのかというと、プリン体をとりすぎてしまうということです。

プリン体をとりすぎてしまうと、体内に排出されないプリン体が尿酸として残ってしまいます。

ビール

そして、その尿酸が体内で結晶化してしまうということが行なわれ、先ほども言ったように、痛風になってしまうということが起こるというわけです。

尿として排出されると言っても、ある程度の量を超えてしまうと飽和してしまうということがあり、このようなことが起こるということなのです。

つまり、この尿酸の数値が高くなるということは、それだけ痛風の危険性が増してしまうということになりますので、常に意識して検診などの結果を見ておくということが必要です。

だからと言って、尿酸値が高いから痛風なのだということではありません。

痛風というのはこのような尿酸値が高くなっているにもかかわらず、そのまま放置していたという代償的な病気です。

また、この尿酸の値というのは、腎臓にも負担を与えてしまいますので、臓から発症する病気、例えば尿毒症などの危険性も孕んでいます。

健康診断を受け、そのような数値に以上を見つけたときは、早めに医師の診断を受けるということをしなければなりません。

もし、今現在、痛風で悩んでいるという人がいるのであれば、このプリン体の摂取量をしっかりと見直すことが必要です。

このような小さなことをしっかりと考えていくだけで、症状を緩和させるということが出来るのですから、今すぐ始めましょう。


ところで、大まかな注意点はここに書きましたが、痛風は男性が多く発症するものであるというようなことを思い込んでいる人が多いのではないでしょうか。

確かに男性が痛風を発症してしまう割合というのはものすごく多いのですが、痛風というのは男性だけの病気ではありません

しかし、痛風を発症する割合というのは明らかに男性のほうが多く、女性は少ないということが言えます。

どうしてこのようなことが起こってしまうのかということを見ていくということにしましょう。