ストレスと痛風の意外な関係

チャート

痛風の要因がビールに含まれていることの多いプリン体であるということは、皆さんも知っていると思いますが、そのプリン体の摂取を減らしていけばよいのかということになると、その限りではありません。

何故、アルコールが痛風の要因だといわれるのかというのは、アルコール自体が尿酸値を上昇させる効果があるということがいわれているからです。

その証拠に、痛風の症状が出てくるのは夏場の暑いときであるということがいわれ、ビールを飲む機会が増える時期と重なっているということがいわれています。

痛風とストレス

しかし、ここで気を付けておかなくてはいけないことがあります。

それは、アルコールとの関係だけでなく、他の要因からも痛風になってしまうということがあるということです。

それは「ストレス」です。

現代人は多くのストレスを抱え生きているといわれていますが、このストレスからも痛風を引き起こしてしまう要因があるということがいわれているのです。

尿酸値というのは、疲労やストレスなどの要因から上昇してしまうということがあり、痛風を引き起こしてしまう要因になっているということがいわれているのです。

ストレス社会

ストレス性○○というような病気が増えている昨今、ストレスについてしっかりと対応していくということが必要になっているということです。

このことは医学的な根拠という面では大変データが乏しいのですが、ストレスが要因で痛風になってしまうという人が多くなっているということは事実であり医学会の中でも大いにいわれていることです。

しかしながら、ストレスを完全に取り除いて生活するということは不可能に近いもので、誰しもがこのストレスについて悩まされているということが言えます。

ストレスが原因の痛風を解消する方法というのはただ一つ

ストレスを溜め込まないようにする

ということです。

それには、自身を解放してあげるために趣味の時間をもつということです。

読書

この趣味が飲酒であると、痛風に関しては問題ですが、没頭できるものを見つけることを始めましょう。

読書や映画鑑賞などでもいいのです。

日常から少しでも開放させることが出来る空間というものを作ることが必要です。

では、痛風を予防する策はどのようなことなのかということにスポットを当てていきましょう。

ここまで読んでいると、痛風の予防というのはないのではないかと思われて悩んでいるという人がいるかもしれません。

確かに、完全に予防するということは難しいものではありますが、そのような尺がないということではありません。

必ず、何らかの方法というものがあるはずなのです。