痛風の合併症、糖尿病とは?

糖尿病

糖尿病は高血圧と並んで、生活習慣病の代表格である病です。

痛風患者には、血糖値が高い糖尿病予備軍の人が多いことが知られています。

痛風患者と糖尿病患者には肥満などの共通点がありますが、両者のつながりはまだ、謎の部分もあります。

しかし、どちらも生活習慣の乱れからくるもので、どちらも予防するには生活習慣の改善がポイントとなります。

糖尿病とはどのような病?

糖尿病は血液中のブドウ糖の量(血糖値)が慢性的に多くなる病です。

正常な人は食事とともに血糖値が高まり、すい臓から分泌されたインスリンというホルモンの働きでブドウ糖が分解されるとともに、徐々に元に戻ります。

しかし、糖尿病の人は食事が終わって随分たっても、まだ、血糖値が高いままになります。

糖尿病の診断の目安は

  • 空腹時の血糖値が126mg/dl以上
  • 任意に調べたときの血糖値が200mg/dl以上
  • ブドウ糖を飲んで2時間後に測った血糖値が200mg/dl以上
このような場合で、なおかつ

  • ヘモグロビンA1c(HbA1c)が6.1%以上
の場合に糖尿病と診断されます。

またはいずれかが2回とも異常値だった場合も糖尿病と診断されます。

糖尿病には1型と2型があります。

1型糖尿病

1型糖尿病とはインスリン依存型糖尿病ともいい、日本人で1型と診断されるのは少数です。

これはすい臓のインスリンを作る部分が破壊され、最終的にはインスリンが全く作られない状態になってしまうもので、急激に発症し、インスリンを投与しないとこん睡状態に陥って命を脅かすこともあります。

2型糖尿病

2型糖尿病は非インスリン依存型糖尿病ともいい、インスリンの働き不足によるものです。

日本人の痛風患者の多くが2型で、痛風に合併する糖尿病もこの2型に分類されます。

この2型糖尿病は食べすぎ、飲みすぎで起こります。

また、内臓脂肪が多い人は、内臓脂肪からインスリンの働きを阻害する様々な物質が分泌されるため、筋肉や肝臓でインスリンの機能が低下してしまいます。(インスリン抵抗性)

インスリン抵抗性は、腎臓におけるナトリウム排泄能力を低下させて高血圧を引き起こします。

糖尿病になるとどのような危険があるのでしょうか

糖尿病は高血圧や高尿酸血症と同じように、健診などで検査を受けない限り自覚しにくい病です。

糖尿病は「合併症のデパート」といわれるほど、様々な合併症を引き起こします。

つまり、痛風の合併症として、糖尿病を発症してしまうと、さらなる合併症をもたらす可能性が高まるのです。

糖尿病の合併症で、脳梗塞や狭心症、心筋梗塞といった病は命を脅かす病として知られています。

糖尿病は失明や、最悪の場合切断を伴う組織の壊死をおこすことも知られています。

そのほかに、神経障害を引き起こしたり、高血糖で腎機能を低下させて腎不全を引き起こしたりすることもあります。

痛風患者は糖尿病を発症しやすいのはなぜ?

足

痛風患者が糖尿病を合併するメカニズムは未解明の部分を含みますが、そもそも、痛風を発症する原因自体が、糖尿病を発症する原因と共通するところが多く、どちらも食生活の改善などがポイントとなります。

実際、痛風患者には血糖値が高めの人が多く見受けられます。