痛風発作の序章、高尿酸血症がおこるしくみ

ビール

激痛が特徴の痛風は、激痛が起こる数年前から、体内で異変が起きているといいます。

その異変は、外見上全く分かりませんが、血液検査で発見することができます。

血液検査の尿酸値という項目を見てみましょう。

高尿酸血症は痛風の序章

血液検査における血清尿酸値が7.0mg/dlを超えると、高尿酸血症と診断されます。

高尿酸血症とは、生活習慣や別の疾患、薬の服用などにより体内に尿酸が過剰になった状態の事を言います。

通常の血液検査で、尿酸値が高いと指摘されても、そのほかに異常が発見されず、自覚症状もないならば、この時点では、痛風とはいいません。

しかし、このまま放置すれば痛風に発展してしまいますので、高尿酸血症は痛風の序章ともいえるでしょう。

無症状の高尿酸血症から痛風に発展するまでの期間は数年です。

よって、その間に食事療法などの生活習慣の改善など対策をとることが重要です。

高尿酸血症はどうして起こるのでしょうか

高尿酸血症が起こるしくみを見る前に、尿酸とは何か簡単に説明したいと思います。

尿酸は人体の中で絶えず生成されている物質です。

尿酸を理解するためには、まず、プリン体という物質を知る必要があります。

プリン体とおいしそうな名前がついていますが、食べ物のプリンとは関連性はなく、プリン(C₅N₄H₄)を部分構造として持つ物質をプリン体といいます。

このプリン体が体内で、分解されてできる物質が尿酸です。

プリン体は食べ物に含まれ摂取されることが知られていますが、多くはもともと体内に存在するものです。

細胞核の主成分である核酸は、プリン体に糖、リン酸が加わったものです。

細胞は絶えず誕生と死滅を繰り返していますので、死滅した細胞が壊れ、核酸が分解される過程で、尿酸が作られます。

また、プリン体は体内のエネルギー源であるATP(アデノシン三リン酸)にも含まれ、激しい運動などで、通常の再合成をしきれない場合、プリン体が尿酸に分解されます。

人間はこのように生産された尿酸を分解する酵素を体内に持っていませんので、尿酸はそのまま排泄されることになります。

通常、尿酸は尿に溶けて排泄されるため、体内の尿酸量は一定に保たれています。

高尿酸血症とは尿酸の生産が過剰であったり、尿酸の排泄がうまくいかなかったりして、この一定のバランスが崩れ、尿酸が過剰になった状態を言うのです。

よって、高尿酸血症の人は、できるだけ体内の尿酸の生成を抑えることがポイントとなります。

といっても、尿酸の多くは体内に存在するプリン体の分解によってもたらされるものであるので、生成を避けることはできません。

したがって、これ以上体内に尿酸を増やさないためには、食物を介してのプリン体摂取をできるだけ避けることが重要です。

高尿酸血症と診断されたら、食事の管理が大切になってくるのです。