プリン体を含む食品の取り方

焼肉

食物に含まれるプリン体は、体内で分解される過程で、尿酸に変えられ排泄されます。

プリン体はもともと体内にある物質で、再吸収されるものと排泄されるものに分けられますが、外からの摂取が多いと過剰の常態になりがちです。

プリン体はもともと体内にある物質

痛風で食事療法に取り組んでいる方にとって、プリン体を多く含む食品かどうか、最も気になる基準の一つだと思います。

アジの開き

プリン体が多く含まれる食品として有名な食品が、動物のレバーや魚の干物、かつお・さんま・いさきといった魚類です。


かつて、プリン体は健康を妨げるものという見方が大きくなり、低プリン体を売りにした商品が出たこともあります。

しかし、最近、プリン体はもともと体内にある物質であり、体内の新陳代謝により生成されるプリン体の方が、食物から摂取するプリン体よりはるかに量が多いことが分かり、以前に比べ、痛風を患っていてもそれほど厳しい制限を課さなくなってきました。

さらに、どんな食品にも、多かれ少なかれプリン体が含まれることが分かっています。

それより、尿酸値を高める肥満や多量の飲酒のほうが、悪影響を与えると考えられるようになってきています。

といっても、痛風発作が起きているとき、痛風発作が起きそうなときは、やはり、プリン体が多い食品の摂取は抑えた方が良いでしょう。

偏りなく バランスよく

痛風患者の食事療法で気をつけたいのは偏食です。

この偏食とは、ピーマンが苦手、にんじんが嫌いといった個々の食べ物に対する好き嫌いより、

  • 肉料理ばかり食べる
  • 食事は炭水化物のオンパレード
のような極端に偏った好みの方が問題になります。

このような偏食は栄養バランスも偏り、内容によってはプリン体が多くなり過ぎることが心配です。

プリン体を多く含む食品の摂取は禁止されるものではありませんが、好んで多量に摂取することは避けたほうが賢明です。

好物に多くプリン体が含まれるのならば、一回の量を減らす、さらに摂取する頻度を減らすなどすると良いでしょう。

好きな物を無理に止めるような食事療法では、長続きが期待できません。

痛風の食事療法は生涯にわたって必要なことですので、無理なく、長く続けていけるようにすることがポイントです。

また、プリン体は水に溶けやすく、油に溶けにくい性質を持っていますので、プリン体を多く含む食品は茹でこぼしをすることで、実際、体内に入るプリン体量を抑えることができます。

プリン体の性質を利用した調理法で、体内に入るプリン体を減らすことも有効です。

干ししいたけもプリン体が多いけれど…

さらに、プリン体が「多い」とされている食品は、食品100gあたりの含有量であるという点に注意したいところです。

肉・魚類であれば100gは簡単に食べてしまう量だという人も多いかもしれません。

しかし、同じくプリン体が多いとされる、干ししいたけを100g取ると考えると、普通サイズの干ししいたけの過食部はおよそ1.5g。

よって、干ししいたけを100g摂取するならば、60個以上の干ししいたけを食べることになります。なかなか難しそうです。

干し椎茸

この場合、干ししいたけのプリン体量は多いとされていますが、実際はそれほど気にしなくて良いということになります。

同様に、逆のことも言え、プリン体量が少ないとされる食品でも、多量に摂取すればプリン体過剰摂取になることもあるということです。

以上より、痛風患者の食事療法は食品に含まれるプリン体量ばかりに目をとらわれず、バランスよく、継続的に行うことが大切といえるでしょう。