痛風を自分でなおすための生活習慣

痛風の男性

基本的に痛風というのは、悪い生活習慣が原因で起こっているので、そこを改善できれば、再発は防げるシンプルな病気でもあります。

治せる病気なので、希望を持って取り組むと良いでしょう。

人間の生活習慣というのは、食べて、働いて、寝るという基本的に3つから成り立っているわけですが、この3つを徹底的に磨きあげる事で、痛風は病院に行かずとも自分でなおしていく事は可能なのです。

痛風をなおすための食事療法

痛風を防ぐには、プリン体を多量に含む食品をとらない事です。

ビール

ビールやそのほかのアルコールから、干物などの乾物も避けた方が良いです。

また、塩分も控えた方が良いので、プリン体の多い食品に注意しながら、良い食習慣を築き上げる事でしょう。

食習慣というのは、体にやさしいものと、そうでないものは、食べてわかると思います。

家庭の食事が体にやさしいのは、添加物や化学調味料を使っていないからです。

一方、ファーストフードやコンビニの食べ物などは、おいしいと舌が錯覚するような味付けをしています。

もちろん、商売ですから、お客さんをリピートさせるために仕方のない事なのかもしれませんが、そんな食事ばかりしていると、体に悪影響が出るのは当然です。

この際、プリン体を注意しながら、食事そのものの悪習慣を、徹底的になおしていく方法をとってみてはいかがでしょうか。

痛風をなおすための仕事

ストレスは痛風に限らず、万病の原因となります。

なぜか・・・ストレスは心からゆとりを奪い、その結果、暴飲暴食に走ったり、不眠症になったりするのも十分すぎる理由ですし、ストレスが過剰にかかっている状態というのは、ノイローゼや神経症に近い状態なので、体に良いわけがありません。

ストレス

だからと言って、生活があるので仕事をやめるわけにもいきませんし、転職なんてできないという人もいるかもしれません。

しかし、長期的な視野で見るなら、仕事を変え、自分にあったストレスの少ない仕事を探す方が、絶対に自分のためですし、どうしてもやめられない場合は、どうすれば、楽になるのか、ストレスを軽減できるのかを必死で考えましょう。

問題が対人関係なら、

  • 自分がどう変われば、ストレスを減らせるかを考える
  • 嫌なことは断る。他の人の仕事まで頼まれないようにする
基本的な事をひとつずつやっていくだけで生活は激変します。

痛風をなおす睡眠

睡眠

早寝早起きして、熟睡できる環境を整えましょう。

ストレスで寝れないというのであれば、眠剤を処方してもらうのも手だと思います。

あとは、有酸素運動で体を疲れさせ、寝つきをよくするという方法もあります。