1. ホーム
  2. 痛風を改善する
  3. ≫痛風の激痛を一時的におさえるテクニック

痛風の激痛を一時的におさえるテクニック

痛風の激痛

痛風は尿酸値の高さが原因でなる病気ですので、すぐになおす事は出来なくても、せめて緩和さす事は出来ないのだろうか?

今回は、痛風の激痛をおさえるテクニックというテーマでお話ししようと思います。

どうぞ最後までおつきあいいただき、痛風の苦しみから少しでも解放されてください。それでははじめようと思います。

痛風で歩くことも困難に…

わたしも痛風持ちなのですが、あの激痛を上手にたとえる事ができませんが、あえて表現するなら、ガラスがバラバラに弾け飛ぶような感覚とでも言えばいいのでしょうか?

ガラス

まともに歩く事はおろか、足をひきずって移動する事すら困難になります。

特に痛風は深夜に起こる事が多く、寝ている時にこの傷みに襲われたら、寝てなんていられませんし、トイレにすら行けません。

さてさて、どうしたものでしょうか?

痛風は間接の炎症である

痛風というのは見出し通り、尿酸値が上がってしまう事で起こる、関節の炎症です。

炎症に一番効果的な方法は、冷却です!

冷たいタオルや、氷を入れたタオルに足をくるみ、激痛を緩和させましょう。

一時的な応急処置ではありますが、これで少しでも傷みが引くのであれば、やるべきです。

経験した事がある方ならお分かりいただけると思いますが、痛風の傷みは、常軌を逸しています。

周囲の助けなしには生活する事も出来なくなってしまうので、家族に協力をあおぎ、早急に治療にとりかかりましょう。

薬局の痛み止めでおさえる

他にも痛風の激痛をおさえる方法はあります。

鎮痛剤です。

アスピリン系の炎症を抑える痛み止めは、尿酸値を上げてしまう可能性があるので、更なる傷みを伴う可能性があり、危険です。

血流を下げる

自分で出来る応急処置の3つ目は、血流を下げる事です。

痛い部分を、心臓よりも高く持ち上げる事で、血流が下がり、傷みが緩和される事があります。

しかし、痛い部分を刺激したりマッサージしたりすると、逆に傷みが増す場合があるので気をつけましょう。

静かに休む

リラックス

人は痛風の傷みには勝てないと思います。なので、無理に逆らおうとはせず、リラックスして仕事も休みをとりましょう。

傷みが引き、ある程度動けるまでになったら、病院で尿酸値を下げる薬を処方してもらいましょう。

痛風の傷みは本当に突然あらわれます。なので、動揺して大きな怪我などにつながらないよう、心を落ち着ける事も大事です。


この4つが、痛風の傷みを一時的に緩和させてくれるはずです。