1. ホーム
  2. 今すぐできる「尿酸値」を下げる方法
  3. ≫「ストレス」と戦う体を作ろう。「自律神経」を整える3つの方法

「ストレス」と戦う体を作ろう。「自律神経」を整える3つの方法

ストレスをため込まないためには、「自律神経」の働きを整えることが大切です。

ここでは「自律神経」の働きを整えるための方法を説明します。習慣化することで、ストレスをためない身体を作りましょう。

キーワードは3つ「生活リズム」「三度の食事」「質の高い睡眠」です。

自律神経を整えるために、その1.生活リズムを整えましょう。

「尿酸値」を下げるには、ストレスをため込まないことが大切です。

そして同時に過度なストレスで自律神経が障害を起こさないように、その働きを整えることも重要です。

ここでは、自律神経を整える方法について説明します。

自律神経は、生活のリズムが乱れることによりバランスを崩します。

ですからまず生活リズムを整えるために、規則正しい生活を目指しましょう。

朝食

朝は同じ時間に起き、太陽の光を浴び、朝食はしっかり食べます。昼間も決まった時間に昼食をとり、適度な運動やストレッチなどで体をほぐします。

夜は最大の休息である睡眠の質を高めるために、夕食は早めに済ませ、ぬるめのお湯にゆっくり浸かってリラックス。

そうすることでストレスも、ついでに肥満も解消できます。

自律神経を整えるために、その2.栄養バランスのよい食事を摂りましょう。

人間の体はストレスを感じた時、

  • 血液をより多く供給する
  • ホルモンを分泌させる
このように、ストレスに対抗する反応を起こします。

その際、体内に蓄積されている栄養素を使うため、もし必要な栄養素が体内にないと、ストレスに対抗できなくなってしまいます。

必要な栄養素をいつでも用意できるよう、3食を規則正しく食べましょう。

ちなみにストレスに対抗するため、大量消費されるのは、ビタミンC,B1などです。

ですからビタミンC(野菜や果物)、ビタミンB1(大豆や豚肉など)を摂るとよいでしょう。

夜遅い時間の食事は質のよい睡眠を妨げ、エネルギーとして使われなかった栄養が脂肪に変わってしまい、肥満の原因となるので避けましょう。

自律神経を整えるために、その3.質の高い睡眠で心身の疲れを取りましょう。

睡眠にはストレスを軽減する働きがあります。

眠っている間、私達の体は副交感神経(休息を司る神経)の支配下に置かれ、身体機能だけでなく心も回復し、次のストレスに立ち向かう気力が湧きます。

逆に、睡眠不足だと、交感神経(緊張を司る神経)に長時間支配され、心身がリセットできなくなってしまいます。

では、質のよい睡眠をとるためにはどうすればいいかというと、まず寝る前にリラックスした状態になっておくことです。

例えば日中に体を動かして、適度な疲労感をもち、寝る前にはテレビやパソコンなどをせず、照明を落として静かな空間を作ります。

そして寝る前に必ずすること(入眠儀式)を作っておくとよいでしょう。

入眠儀式は音楽を聴く、読書をするなど、自分がリラックスできると思うものなら何でも基本的にOKですが、寝酒は「尿酸値」を上げるのでNGです。

まとめ

食事

「尿酸値」を下げるためには、自律神経の働きを整えることも大切です。

自律神経の働きを整えるには、生活リズムを整えること、栄養バランスのよい食事を3食規則正しくとること、睡眠の質を上げて、心身ともにリフレッシュさせることが重要です。