知っていると安心、「プリン体」との上手な付き合い方

知っていると安心。食品によって含まれる「プリン体」の量は違います。

「尿酸値」を気にする人が、できれば避けた方がよい、「プリン体」を多く含む食品、積極的に食べた方がよい「プリン体」の少ない食品。

「尿酸値」の高い人は、なるべく食べない方が良い、「プリン体」の多い食品。

昨今「痛風」の原因である「尿酸」の原料として、何かと耳にする「プリン体」。

「プリン体」の一日の摂取量の目安は大体400mgと言われています。

これを守るためには、一日の食事で体の中に入る「プリン体」の量を、大まかにでも把握していると安心です。

今回は「プリン体」の多い食品、少ない食品を調べてみました。

「プリン体」の多い食品は、肉や魚、特に内臓系の食品です。

要注意食品は、いさきの白子、アンコウの肝、鶏レバー、まいわしの干物などです。100g中に300mg以上の「プリン体」が含まれています。

これらはお酒のおつまみとしてよく食されるもので、アルコールとの相乗効果も加わりますので、「尿酸値」の高い方はまず避けた方がよいでしょう。

次に多い食品は豚レバー、牛レバー、かつお、大正えび、あじやさんまの干物、牡蠣、するめいかなどです。

こちらは100g中に200~300mg程度「プリン体」が含まれています。

食べても大丈夫、「プリン体」の少ない食品。

「プリン体」の少ない食品で、まず挙げられるのがきのこ類です。

キノコ

低カロリーで食物繊維も多く、ビタミンB,D2やミネラルなども豊富で、まさに理想の食材です。

次に挙げるのは牛乳や乳製品です。

牛乳

「プリン体」が多い肉や魚と違い、「プリン体」を殆ど含みません。

そしてミルク由来のタンパク質は、「尿酸」の排泄を促します。

次に挙げるのは鶏卵です。

卵

鶏肉のレバーは高プリン体の食品ですが、卵は「プリン体」を含みません。その他の栄養価は高いので、肉や魚などを制限されている人にとっては非常に有用な食品です。

一日1個を目安に、コレステロール値の高い人は、週3~4個程度を摂るようにしましょう。

その他海藻類などもおすすめの食品です。

過剰摂取さえ避ければ、食べる「プリン体」はそれほど気にしなくても大丈夫です。

「尿酸」の元になる物質「プリン体」は、肉や魚の内臓やビールに多く含まれ、「尿酸値」の高い人は避けた方がよい物質です。

確かに「プリン体」の多い食品を摂ることは、「尿酸値」の上昇につながります。

ですが、実は「プリン体」は、体の中で代謝という生理活動からも産生され、食事により摂取される「プリン体」よりも断然多いのです(全体の85%~90%)。

ですから食事により摂取する「プリン体」を徹底的に制限しても、尿酸値は10~20%程度しか下がらないという研究結果も報告されています。

食事から摂る「プリン体」については、それほど神経質になる必要はありません。ただし多く摂っていいものでもないので、

  • 1つの食品ばかりを食べない
  • 一度にたくさん食べない
以上の2点に注意して、全体的な食生活の改善を目指しましょう。

まとめ

きのこ

「プリン体」を多く含む食品は肉や魚などの内臓系、少ない食品はきのこ、乳製品、鶏卵、海藻類などです。

「尿酸値」の高い人は「プリン体」を多く含む食品ばかりを食べない、一度に食べすぎないことを心がけましょう。