1. ホーム
  2. 今すぐできる「尿酸値」を下げる方法
  3. ≫誰でもできる!今すぐできる!すきま時間を使って消費カロリーをアップする2つの方法

誰でもできる!今すぐできる!すきま時間を使って消費カロリーをアップする2つの方法

減量のためには「運動」が大切なことは、誰でもわかっています。しかし運動が苦手、あるいは忙しくて運動する時間がない、そんな人でも今すぐ始められる消費カロリーアップの方法があるのです。

さあ、すきま時間を有効に使って、今日から「消費カロリーアップ」の生活を始めましょう。

カロリーを消費する方法は、なにも運動だけではありません。

「尿酸値」を下げるため、肥満を解消するために、「運動して下さい」とある日医者から言われたとします。

その時あなたはすぐにスポーツジムなどを予約して、運動を始めよう!と思える人でしょうか。

多分大半の方がデスクワーク中心の生活がすっかり板につき、学生でもないのに運動なんてする時間も気力もない、と思われるのではないでしょうか。

仕事がデスクワーク中心の人は、運動しないで生活しようと思えばいくらでもできます。そして実際運動をする時間も取れないのが現状。こんなときはどうすればよいのでしょう。

答えは生活活動により消費活動を上げることです。

カロリーを消費する方法には、

  • 基礎代謝(人間が生きていくために消費するカロリー)
  • 生活活動(日常生活を送ることで消費するカロリー)
  • 運動
これら3つがあります。

生活活動を増やすことで、総消費カロリーを上げるのです。

ちょっとした工夫で生活活動の消費カロリーアップ(オフィス編)

生活活動の中で消費カロリーを上げるには、生活の中でのちょっとしたすきま時間や行動を変えることで、かなりの成果を上げることができます。

例えばオフィスにいる時の改善方法としては、休憩したい時に席を立ち、廊下などでのびをしたり、簡単なストレッチなどをして体を動かすことです。

ストレッチは椅子に座っていても出来るものもありますので、気分を変えたい時などに実行してみて下さい。

椅子の背につかまり腰を伸ばしたり、肩を前後にぐるぐる回したりするだけでも消費カロリーは増えますし、腰痛・肩こりの改善にもつながります。

あとは

  • エレベーターを使わずに階段を上る
  • コピー、お茶などは部下に任せず自分で取りに行く
  • ランチに行く時はちょっと離れた場所を選ぶ
なども、習慣化することで消費カロリーを増やすことができます。

ちょっとした工夫で生活活動の消費カロリーアップ(家庭編)

家庭でも、オフィスと同じように、ちょっとしたことで消費カロリーを上げることができます。

例えばテレビやエアコンを付けるとき、リモコンではなく主電源を入れに行く。

こうすれば必ず数歩は歩くことになりますし、節電もできます。

また侮れないのが家事による消費カロリーアップ。

例えば風呂掃除を30分すれば、体重70kgの人なら140kcalも消費することができます。

その際柄の短いブラシなどを使って屈みながら掃除をすると、さらにカロリーがアップします。


同じように床をふく、洗濯物を干すなど、簡単な動作のようですが、どれも屈伸運動が入っているので、軽い体操をしているのと同じことになります。

家族にも喜ばれるし、家も美しくなりストレスも解消できてまさに一石二鳥です。まずはゲーム感覚で試してみて下さい。

まとめ

エスカレーター

運動が苦手、する時間のない人は、生活活動の消費カロリーを上げることで対応してみましょう。

オフィスでのストレッチや家庭での掃除など、ちょっとした工夫で時間のない人でも消費カロリーを上げることができます。

まずはゲーム感覚で試してみて下さい。