「痛風」「高尿酸血症」に効く「有酸素運動」って何?

「高尿酸血症」「痛風」は肥満との関係が深く、肥満を解消することで「尿酸値」も下がり、「痛風」にも効果があることが知られています。

減量のための食習慣の改善も大切ですが、消費カロリーを増やすための「運動」も、実はとても大切な治療なのす。

運動をすると「尿酸値」が下がる理由。

体重計

「高尿酸血症」「痛風」の人は同時に肥満傾向にあり、肥満を改善することにより、「尿酸値」が下がり、「痛風」発作を起こさなくなることは、色々な調査で明らかにされています。

肥満を改善するためには、摂取カロリーを減らすか、消費カロリーを増やすかのどちらかしか方法がないのですが、消費カロリーを増やすために一番よい方法は、運動をすることです。

運動の利点は、消費カロリーを増やせるだけでなく、ストレスも解消してくれるところにあります。

運動により心身共にリフレッシュでき、全身の血流が良くなることで、新鮮な酸素が体中に行き渡ります。

またウォーキングや腹式呼吸などでは、ほのぼのホルモンと呼ばれる脳内物質、セロトニンが分泌され、幸せな気分になることでストレスを解消できます。

「高尿酸血症」「痛風」を予防するために「有酸素運動」をしましょう。

さて、一口に運動といっても、大きく分けると2つの種類があります。

1つは有酸素運動、もう1つは無酸素運動です。

「有酸素運動」とは、酸素を体の中に取り入れながら、時間をかけて徐々にエネルギーを消費していく運動で、「無酸素運動」は歯を食いしばって息を止めるような、爆発的なエネルギーを短時間に消費するような運動のことです。

「高尿酸血症」や「痛風」の人に適した運動は「有酸素運動」になります。

その理由は人間がエネルギーを消費する際、ATP(アデノシン三リン酸)という物質が消費され、これにより「痛風」患者の大敵である「プリン体」が作られます。

有酸素運動では、APTを再利用しながら効率よく消費するので、燃えカスである「プリン体」の産生が少ないのです。

また有酸素運動は、糖質だけでなく脂質も消費してくれることも大きなポイントです。

理想の「有酸素運動」は「ウォーキング」を一日30分、週3回です。

では、有酸素運動には具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

代表的なのは、ウォーキングです。

その他には、水泳(競泳のようなハードなものでない)やサイクリングなども挙げられます。

「尿酸値」を下げるための理想的な運動時間は、週3回、一日30分以上です。

この数字は肥満学会を始め、糖尿病や高血圧、動脈硬化などの学会も提唱している「治療に最も望ましい」とされる運動量です。

忙しい人、日頃から運動をしていない人は、30分のウォーキングをする時間などなかなか取れないと思うかも知れません。その場合は、30分連続で時間をとるのではなく、一日の中で、合計30分歩く時間を見つけるところから始めてみましょう。

例えば

  • 朝夕の通勤時間、駅までの自転車やバスをやめて歩いてみる
  • エレベーターで立ち止まっているとき、足踏みをしてみる
など、工夫して少しでも体を動かしてみましょう。ちりも積もれば山となります。

まとめ

「高尿酸血症」「痛風」を予防するには、肥満を解消することも大切です。

肥満を解消する手段の1つとして「運動」が挙げられます。

「尿酸値」を下げるための運動で一番適しているのは、「有酸素運動」である「ウォーキング」です。

一日30分のウォーキングで、「尿酸値」を下げ、ついでに体重も落としてしまいましょう。