1. ホーム
  2. 軽く見ないで!「痛風」という病
  3. ≫放っておくと「痛風」はこんな風に進行していきます。恐怖の3ステップ

放っておくと「痛風」はこんな風に進行していきます。恐怖の3ステップ

image04

「高尿酸血症」とは、血液中の「尿酸値」が基準より高い状態を言います。自覚症状がないため、「痛風」発作を起こして初めて自分がそうなのだと気付く人もいます。

「高尿酸血症」から「痛風」へと進行する過程を3段階に分け、詳しく見ていきましょう。

無症候性高尿酸血症期…「尿酸値」は高いけれど、また自覚症状のない時期を言います。生活習慣の改善を図るならこの時期です。

無症候性高尿酸血症期とは、血中の「尿酸」の濃度が高くなり、健康診断などで注意喚起はされますが、まだ取り立てて自覚症状のない時期を言います。

一般の健康診断では、「尿酸値」が7mg/dlを超えると「高尿酸血症」として、医師から注意を受けたり、再検査を求められたりします。

ただし、「尿酸値」が基準値を超えていたとしても、すぐに「痛風」の発作が起きるわけではないため、危機感がなくそのままの生活習慣を続ける人が多くいます。

何もしなければ、当然「尿酸値」が下がることもないため、「高尿酸血症」は次の段階に進んでいきます。

間欠性痛風発作期…「痛風」の症状が現れ、尋常ではない痛みに苦しむことになりますが、発作が治まれば痛みは嘘のようになくなります。

「無症候性高尿酸血症期」に生活習慣の改善を行わず、「尿酸値」が高いまま数年が経過すると、ある日突然足の親指の付け根に、尋常ではない痛みが襲ってきます。

これが「痛風」発作です。

この発作が起こったり、治まったりを繰り返す時期を「間欠性痛風発作時期」と言います。

「痛風」の発作は数日から遅くとも数か月程度で、何事もなかったかのように治まります。

関節の腫れも引き、以前と同じ日常生活が送れるようになるため、例えば独断で服薬を止める、治ったと思い生活習慣の改善を怠るなどしていると、2度目、3度目の発作を起こすようになります。

それでも治療を怠ると、発作の間隔がだんだん短くなっていき、次の段階へと進んでいきます。

慢性結節性通風期…「痛風」発作を起こしてからも、正しい治療を行わなかった場合、痛みが慢性化してしまいます。

慢性結節性通風期とは、「痛風」の発作が起きる「間欠性痛風発作期」に症状を放置した場合に起こる、いわば「高尿酸血症」の最終段階のことです。

この時期には、痛みが引くことなく慢性化し、体のあちこちに「尿酸」が沈着し、こぶ状の「通風結節」ができたりします。

これは体内の「尿酸」が沈着して塊となる状態で、ひじやくるぶしなど手足の関節部分、耳のふちなどにできやすいとされています。

結節自体に痛みはありませんが、放置すると徐々に大きくなり、関節や骨を変形させてしまうこともあります。

こうなると日常生活にも影響が出てきますし、ここまで症状が進んでしまうと、腎臓などの臓器を侵し、命にかかわる合併症を引き起こす可能性も高くなります。

そうなる前に、ぜひ病院を受診し、適切な治療を受けることをお勧めします。

まとめ

痛風患者

「痛風」を引き起こす体の状態のことを「高尿酸血症」といい、その基準値は血液中の「尿酸値」が7.0mg/dlを超えるかどうかです。

自覚症状がなく、「高尿酸血症」の治療を怠った場合、症状が進み、痛みが慢性化したり、合併症を起こしたりする可能性があります。