痛風の合併症、そして似た症状

ベンチと老人

痛風は痛風発作を繰り返す度、症状がひどくなっていきます。

それは、内臓障害も進んでいる証拠となります。

痛風から起こりうる、合併症はどのようなものがあるのでしょうか。

痛風の原因とは?

デスクワーク

痛風の原因でも紹介したように、痛風の大きな原因とは、暴飲暴食、運動不足、ストレスなどが要因となっています。

そこから、生活習慣病の一種とされています。

ですから、合併症も生活習慣病の種類と大きく関わりを持つことになってしまうのです。

それらは、

  • 高血圧
  • 肥満
  • 高中性脂肪
  • 高コレステロール血圧
  • 尿結石
です。

これらの合併症も、完治させることは困難な傾向にあります。

薬を発祥してから長期間、服用しなければなりません。

痛風と合併症の治療法

痛風男性の足

痛風と合併症の治療法は、服用する薬が一つ増えてしまうだけなのです。

痛風の合併症が、上記の5つなら、逆に言えば、この5つの病気の合併症が痛風ということになるのではないでしょうか。

痛風にかかったら、これらの合併症がないか、見落とさない為にも検査をしましょう。

痛風の合併症となる5つの要因の病気にかかっている方は、痛風や他の病気が隠されていないかを検査してみるといいでしょう。

痛風にかかってしまったのなら、やはり、痛風の対処法で紹介した方法を知り、合併症が引き起こされない為にも、治療をきちんと行うことが、とても大切なのではないでしょうか。

痛風に似た症状の病気

痛風によく似た症状の病気があります。

痛風だと、自己判断せず、これから紹介する病気も、放っておくと大変なことになるかもしれません。

ですから、ここでは痛風に似た症状の病気を紹介します。

変形性骨関節炎

変形性骨関節炎は、年齢を重ねる程、発症率が高くなります。

それは、ひどく腫れることはなく、骨や軟骨の老いから発祥するものです。

ほうか織炎は、皮膚の下で細菌が感染して起こる病気です。

水虫などがひきがねとなり、発症する病気です。

変形性腰椎症によって足が痛んだり、しびれたりするのも、痛風とよく似た症状です。

偽痛風

偽痛風は、ピロリン酸カルシウムという結晶が関節炎を引き起こし、痛風と似た症状におかされます。

しかし、偽痛風は男女同様に起こります。

痛風は、前記でも紹介したように、圧倒的に男性が多く発症する病気です。

レントゲンを撮ると、石灰化が関節にあるのが見られます。

関節リウマチ

関節リウマチは、沢山の関節がいつも痛み、それが変形し、生活に支障がでてくる病気です。

回帰性リウマチ

回帰性リウマチは、急に関節が腫れ、痛む病気です。

回帰性リウマチの原因は分かっていません。


自分の今起こっている症状が、痛風でないなら、病院へ足を運ばなくてもいいや、という考えはやめましょう。

これらも、病気の一種です。

ですから、これらも痛風と同様、進行を抑えることができる病気です。

痛風でも、痛風ではなくても、病院に一度足を運んでみたらいいでしょう。