これって痛風?

通風

皆さんは痛風という病気について、どの程度ご存知でしょうか。

痛風は読んで字のごとく、痛~い病気です。

激痛を伴う病

裸足

世の中には痛みを伴う病が山のようにあります。

その中でも、「痛」という字を用いるほど痛い病ということです。

痛風の特徴的な痛みは痛風発作と呼ばれ、身体を動かすこともままならないほどの激痛です。

主に、関節で起こり、特に足の親指の付け根の関節から始まることが多いです。

だから、数日前からひざが痛くて・・・というような症状は、通風である可能性は低く、整形外科などを受診することがお勧めです。

痛風と関節リウマチ

痛風と勘違いしやすい病気の一つに、関節リウマチがあります。

初期の痛風は一つの関節が痛むのに対し、リウマチはたくさんの関節が同時に痛むので、痛みの箇所で見分けると良いでしょう。

そして、これは痛風に間違いないと確信するならば、内科を受診するのがお勧めです。

中年男性

中年の男性が、一箇所の関節の痛みを訴え、その痛みが足を酷使した後や肉類や酒類を過剰摂取した後の、夜間から翌朝にかけて発生したというならば、血液検査をせずとも痛風と診断できるとも言われています。

痛風は関節が痛むことから、初め整形外科を受診する人が多く見られます。

しかし、痛風は血液中の尿酸濃度が高まることに起因する内科系の病ですので、近くに痛風専門医がいればそこを、いなければ内科を受診するのが適当です。