1. ホーム
  2. コラム
  3. ≫男性と女性の痛風発症の比率の違い

男性と女性の痛風発症の比率の違い

男女の足

男性の方が痛風の発症率が高いことは事実ですが、かと言って女性が痛風の心配をしなくても良いというわけではありません。

女性は痛風になりにくいというだけで、発症するおそれは男女問わず誰にでもあるというわけなのです。けれども、なぜ男女で発症率に違いがあるのでしょうか?

尿酸濃度の違い

痛風にかかりやすいかそうでないか、というのは尿酸の濃度で変わってきます。

濃度が高いほど痛風の発症率が上がるわけですが、実は男性の方がその濃度は濃く、女性の方が薄くなっているのです。

これはそもそもの性別による特徴であるため、根本から改善するというのはなかなか難しい面があります。

それから肥満体型であり、ビールなどのアルコール類をよく飲む人も痛風を発症する可能性は高いです。

肥満

しかし、食事や運動量を工夫し、尿酸濃度の上昇を避けることで発症する確率を下げることは十分に可能だと言えます。

したがって「男性だから痛風にかかりやすいんだ」と落ち込む必要はまったくないのです。

自分の食事内容や日頃の運動量に何か思うところがあれば、できる範囲からで構わないので改善していきましょう。

ちなみに、男性と女性で尿酸の成分に違いがあるということはありません。あくまでも濃度の違いだということを覚えておいてくださいね。

ホルモンに深い関わりがある?

痛風の発症率を左右するもう一つのポイントは、ずばりホルモンです。

中でも女性ホルモンは尿酸の排出を促す効果を持っているのです。

したがって、女性ホルモンが活発に働くことで尿酸の濃度が薄まり、結果として痛風の発症率が低くなっているというわけなのです。

女性ホルモン自体に痛風を予防する効果があるわけではないので、その点には注意してくださいね。

一方、閉経後はこの女性ホルモンの働きが鈍くなるため痛風にかかりやすくなります。

ですから、閉経後はより予防策を万全にしておくべきだと言えます。

痛風を発症するおそれがあるという意識をしっかりと持つこと!

高齢者

確かに性別や体型、食事内容によって痛風になりやすいかどうか、という差は存在します。

しかしながら、歳をとるにつれて男女関係なく痛風を発症するおそれは徐々に高くなっていくことを忘れてはいけません。

と言うのも加齢によって腎機能が低下することで排出される尿酸が減っていくため、体内に尿酸がどんどん溜まっていくからです。

よって、痛風を発症するおそれは性別に関わらず存在するという意識をしっかりと持つ必要があるのです。