1. ホーム
  2. コラム
  3. ≫痛風の予防策のあれこれ

痛風の予防策のあれこれ

ビール

痛風の予防でよく言われていること、それは飲酒を控え、尿酸値の上昇を防ぐということです.

とはいえ、全くのんではいけないということではなく、飲みすぎてはいけないということです。

暴飲暴食は厳禁

フライドチキン

毎日泥酔状態になるまで飲んでいるというような生活は、痛風には厳禁行為とされています。

また、食生活も同様です。

味の濃いものというのは確かにおいしいのですが、とりすぎると肥満の温床になってしまうということがいわれています。

脂っぽいものを好んで食べるという人も注意が必要です。

このようなものというのはプリン体を多く含んでいるということがあり、控えるほうが無難です。

野菜などはたくさん食べるとよいかもしれません。

ビールは水分ではない

夏の暑いときなどは、ビールを飲みたくなるという人は多いのではないでしょうか。

確かに、ビールはおいしいもので、体がよみがえってくるような気がするものです。

しかし、それと同時に痛風絵の危険性もよみがえってくるということをしっかりと意識しましょう。

ビール

痛風の予防には水分補給は欠かせないというように言われていますが、ビールは水分ではありません

ビールを多量に飲んでも、水のように吸収されていくというようなことはなく、余計なものがどんどん吸収され散るというような結果になっていきます。

水分を多く取るということによっての効果というのは、尿を促すということもあります。

そして汗と共に余分なものを体外に出すという効果、また、尿の回数が増えるということは、それだけ余分な尿酸を外に出すということができます。

ですので痛風になってしまった人も、予防したいと悩んでいる人にも最善且つ、簡単な方法であるということが言えます。

何処となく糖尿病の予防法に似ていますが、有酸素運動をゆっくりと行なうということも通風には効果的な予防法です。

ジョギング

とはいえ、このようなことを自分ひとりで行なうというのはものすごく大変なことであり、挫折してしまうということが多いかもしれません。

痛風になってしまったあと、どのような生活に改善するかということは、家族みんなで相談して協力してもらうということが必要です。

そのためには、悩んでいてもし多々ありませんので、わからないことは意思に相談してみましょう。

色々なことを試していくということではなく、的確に改善できる方法をとるということが重要です。

最近では、痛風のような症状の相談窓口というものが増えてきました。