1. ホーム
  2. 痛風を改善する
  3. ≫習慣で痛風の激痛と永久にお別れする方法!

習慣で痛風の激痛と永久にお別れする方法!

男女

毎日の不摂生がたたってなると言われている痛風という厄介な病気ですが、生活習慣病と呼ばれる病気のほとんどは、病気になってから気づく人がほとんどだと思います。

肥満などもそうですが、太っている事が体に悪いなんて事は、誰でもわかっているわけです。
でも、痩せれない。

生活習慣であるがゆえに抜け出せない事が原因

意志が弱いとかいうよりは、そうゆう流れで生きてきたので、その生活から抜け出す事に苦しんでいるといった方がより正確かなと思います。

頭を抱える男性

わたしは運動が非常に苦手な子供だったんですが、痛風が発症してから、自分の生活をみなおし、ジムに通うようになりました。

ジム

結果、筋トレなども続けていたら、自然と肩こりなどもなおっていき、血行がよくなったためか、眼精疲労や、首こりといった症状もなくなっていきました。人間の生活習慣というのは、何にメリットを感じるかで決定します。

健康である事にものすごいメリットを感じるようにする

どんな人でもそうなのですが、偉人と呼ばれる人だって、自分に気持ちの良い事だから、その行為をおこなっているわけです。

逆に言えば、痛風になった事や、尿酸値が高い事をポジティブにとられる事が出来れば、これは、健康を取り戻す、ものすごい良い機会だということになります。

健康というのは、そもそも当たり前に存在しているものではなく、健康である事自体が奇跡だと思っておいた方が、病気になった時にショックは少なくてすみます。

生活習慣病である人の共通点は、健康に価値をおけない人たちだと思うんですよね。

なので、痛みもなく歩けることがどれだけ大切な事か、どれだけ幸せなのかを感じ取れるように思考を切り替える必要性があるわけです。

3週間で痛風にならない生活習慣を作り上げる

わたしは、禁煙と禁酒をしてもう5年以上がたちますが、何も難しい事はしていません。

禁煙

最初の3週間だけ我慢しただけです。人間の習慣というのは21日程度で構築されると言われています。

どんなに大変だと言われている事でも、最初の3週間さえ続けることができれば、あとはその流れにのるだけですから、継続さす事はそれほど難しい事ではありません。

5年は無理だと思えても、3週間ならなんとかなると思いませんか?

しかも実際は、最初の1週間で、ざっくりと習慣化され、2週間もすれば、苦手な運動や、禁煙などもすべて習慣化する事がわたしは出来ました。

睡眠

プリン体を排除する食生活。

適度な有酸素運動
十分な睡眠
ストレスを減らす

こういった事を意識して生活すればおのずと痛風はなおっていきます。