1. ホーム
  2. 知っておきたい!「尿酸」のあれこれ
  3. ≫CMで話題の「プリン体」。なんでそんなに摂ってはいけないの?

CMで話題の「プリン体」。なんでそんなに摂ってはいけないの?

「痛風」発症の原因となる「尿酸」は、日々私達の体の中で生命活動の代謝物として産生・排泄されています。

「尿酸」はどのように産生・排泄されるのでしょうか。その仕組みと「痛風」と「尿酸」と「プリン体」の関係をもう少し詳しく見てみましょう。

「痛風」と「尿酸」「プリン体」の切っても切れない関係。

「尿酸」が「痛風」の原因であることは、みなさんご存じだと思います。

「尿酸」は私達の生命活動の中で、日々産生され、排泄されていきます。そして「尿酸」の元になる物質が「プリン体」です。

「尿酸」の産生・排泄のバランスは、健康な状態であれば均衡が取れていますが、何らかの原因でこのバランスが崩れてしまうと、血液中の「尿酸」の濃度が高くなり、その状態を放置することで、「痛風」を発症してしまう。

これが「痛風」と「尿酸」と「プリン体」の関係です。

では、「プリン体」からどのように「尿酸」が作られるのでしょうか。今回はその点を詳しく解説します。

「尿酸」産生の仕組み。

ビールとつまみ

「プリン体」には「人体の中」で作られるもの、「人体の外」から入ってくるものがあります。

人体で作られるものとして、

  • 「代謝」により作られるもの
  • 「体を動かすエネルギーの燃焼」により作られるもの
があります。

「代謝」とは、日々古い細胞が破壊され、新しく作り変えられるという生命活動のことで、古くなった細胞が死ぬ時、DNAやRNAを構成する核酸という物質が分解されるのですが、「プリン体」は核酸の半分を占める重要な成分で、核酸の分解後、体内に放出されます。

「体を動かすエネルギーの燃焼」とは、脳や内臓を動かすATP(アデノシン三リン酸)と呼ばれるエネルギー燃焼後の燃えカスとして体内に放出されます。

「人体の外」から入ってくるものは、私達が日々食べる食品の中に含まれている「プリン体」です。

これらが全て肝臓に送られ、化学的に処理されて「尿酸」となります。

「尿酸」排泄の仕組み。

肝臓に送られた「プリン体」は化学的に分解され、「尿酸」に変わったあと、腎臓に送られます。

そして腎臓で濾過され、尿や汗として排泄されます。

健康な人の体には、常に800~1200mgの「尿酸」を貯めることができる「尿酸プール」があります。

そのうちの700mgは一日分の尿(約500mg)や、汗・便(200mg)などから排泄されます。

そして同じ量の「尿酸」が作られて、プールに溜まっていきます。

産生と排泄のバランスが取れている間は、「尿酸プール」が溢れることもないので問題ありませんが、このバランスが崩れることで、血液中の「尿酸値」が高くなってしまう訳です。

まとめ

男性の腹

「尿酸」は生命活動やエネルギー燃焼、食品の中に含まれる「プリン体」から肝臓で産生され、腎臓に送られて尿や汗などから排出されます。

健康な人なら釣り合っているこの産生と排泄のバランスが崩れると、「尿酸」が血液中に増え、やがて「痛風」を引き起こすのです。