今すぐ実行!「節酒」のための5か条

お酒が好きな人にとって、お酒を止めるのは苦しいものです。

お酒は量や飲み方さえ守れば、完全に絶つ必要はありません。正しい飲み方「節酒」5か条を守って末永くお酒と付き合っていきましょう。

お酒と上手に付き合う方法 ~節酒のすすめ~

ビール

お酒が好きな人にとって、お酒を止める、あるいは控えるというのは、相当に苦しいものです。

しかし、「尿酸値」が高いという検査結果が出ながら、そのままの生活を続けていると、待っているのは「痛風」だけではなく、高血圧、心筋梗塞など命にかかわる合併症です。

そうなると、お酒を楽しむどころではありません。

そうならないためにも、自覚症状がない今のうちから、上手にお酒を控えていきませんか。

そうすることで、より長くお酒との付き合いを続けられることでしょう。

では、どのようにして節酒を行えばよいのでしょう。その方法をご紹介したいと思います。

節酒5か条を知れば、体に負担をかけず、お酒を楽しむことが出来ます。

節酒の5か条を紹介します。どれも効果の高いものばかりです。少しずつでも実践してみて下さい。

ゆっくり飲む

アルコールを短時間に大量に飲むと、胃や肝臓に多大な負担がかかります。「かけつけ3杯」などは論外です。


ゆっくり飲む

空腹時はアルコールの吸収が早く、お酒が全身にまわります。乾杯の前に突出しを食べるなどの工夫をしましょう。


食べながら飲む

食べながら飲むことでお酒の量を控えられ、野菜など食物繊維の多いものを摂れば、アルコールの吸収も抑えられ一石二鳥です。


水を飲みながら飲む

アルコールには利尿作用があるため、尿が濃くなることで「尿酸値」も高まります。アルコールと同量、できれば2倍の水を飲むようにしましょう。


強い酒は薄めて飲む

アルコール濃度の高いお酒ほど、吸収も早いので、水かお湯で薄めて飲みましょう。

もしお酒を飲むとしたら、種類によって違いがあるのでしょうか。「尿酸値」が高い人におすすめのお酒。

「尿酸値」が高い人にお酒をすすめるとしたら、どんな種類のお酒がよいかについてお話したいと思います。

アメリカで行われた調査に、お酒の種類別に、「尿酸値」がどれくらい上昇するかを調べたものがあります。

そこで出た結果ですが、1.蒸留酒 2.ワイン 3.ビールのうち、最も「尿酸値」が高かったのがビール、2位が蒸留酒、そして第3位がワインでした。

ビールが1位なのは、

  • ビールに含まれる「プリン体」が体に吸収されやすい
  • 利尿作用が高く体内の水分量が減少することにより、「尿酸」の濃度が急上昇する
というのが理由です。

そして驚くことにワインでは、飲むと「尿酸値」が下がるという結果になったのです。

これはワインに含まれるポリフェノールが、体内にある「尿酸」を排泄する働きがあるからと言われています。

もしお酒を飲むならば、ビールよりワインの方がよいことを、知っておいた方がいいでしょう。もちろん飲み過ぎはどれもNGです。

まとめ

ワイン

お酒を飲むとき、ゆっくり飲んだり、食べながら飲んだりする「節酒」。

これを守って末永くお酒と付き合っていきましょう。また、飲むなら「ビール」より「ワイン」の方が「尿酸値」が上がりません。