薬よりも効くかも!? 今すぐ実行しよう「生活環境・生活習慣」の改善

もし「尿酸値が高い」と言われたら、「痛風」やその他の合併症を発症する前に、「尿酸値」を下げる方法を今すぐ実行しましょう。

「生活環境・生活習慣」の見直しで、薬の助けを借りずに「尿酸値」が劇的に下がった例もあるのです。

「尿酸値」を下げるには「生活環境・生活習慣」を変えることから始めましょう。

痛風

「痛風」の原因となる血液中の「尿酸値」の上昇。

体の中に増えてしまった「尿酸」を減らし、「痛風」を防ぐにはどうすればよいのでしょうか。

「尿酸」が増える原因には以下のものがあります。

  • 遺伝
  • 生活環境
  • 生活習慣

「遺伝」の部分は自分の意志で変えることはできませんが、「生活環境・生活習慣」は変えることができます。

ですから「痛風」にならないためには、まずこの2つを見直し、「尿酸」を作らない、あるいはより多く排泄できるような環境を作り、「尿酸値」を下げるような行動を習慣化すればいいわけです。

今回はこの2つの柱の具体的な改善方法についてまとめてみました。

生活環境の改善~「ストレス」を減らしましょう~

現代社会は「ストレス社会」と言われています。

2010年の調査では国民の約60%の人が、日常的にストレスを感じているという結果も出ています。

ストレスと「尿酸値」の上昇の科学的なメカニズムは、まだはっきりとは解明されてはいませんが、長期間にわたる過重なストレスにより、「尿酸値」が上るという結果は様々な調査で明らかになっています。

ですからストレスを解消するということも、立派な治療になります。

会社での立場など、どうしても解消できないものもありますが、

  • 適度な運動をする
  • 規則正しい生活を送る
  • 上手に休養・睡眠をとる
など、ストレスと上手に付き合い、「尿酸値」を減らしていきましょう。

生活習慣の改善~「食生活」を見直しましょう~

「痛風」を発症する人の半数以上が、「メタボリックシンドローム」の傾向にあるという調査結果があるように、「尿酸値」の高い人の多くは、脂っこい食事を好み、アルコールも大好き!です。

しかし必要以上に脂質や塩分の多い食事ばかりを摂っていると、やがて体は声なき悲鳴を上げるようになります。

行き着く先は「痛風」や、果ては「脳梗塞・心疾患」など命にかかわる合併症です。

この「間違った食生活」を修正することで、「尿酸値」を下げることが出来ます。

具体的には、

  • 暴飲・暴食を避ける(量の制限)
  • 食事の内容を変える(質の制限)
  • 食事方法を変える(食べ方、時間帯など)
このようなことで、人によっては薬を使わなくても、「尿酸値」を正常範囲に戻すことが可能です。

おまけにメタボな「おじさん体型」からも脱却できて、まさに一石二鳥ではないでしょうか。

まとめ

食事

「高尿酸血症」や「痛風」の進行を予防するには、「生活環境・生活習慣」の改善が必須です。

ストレスとは上手に付き合い、暴飲・暴食を避けるなどすれば、薬の服用なしに「尿酸値」の改善が可能です。