痛みが治まった急性後期の治療

散歩

痛風は強い痛みがしばらく続くことが特徴ですが、痛みを生じている痛風発作と呼ばれる関節炎の症状が落ち着いたら、痛風の原因である高尿酸血症の治療に入ります。

高尿酸血症が痛風発作を発症するまでに進行しているならば、薬物療法と食事療法、そして、生活習慣の改善指導が行われます。

どの尿酸降下薬を使うのか

薬物療法ではどの尿酸降下薬を使うか決定しなければなりません。

尿酸降下薬には

  • 尿酸の生成を抑えるもの
  • 尿酸の排泄量を増加させるもの
と、2タイプあります。

どちらを使うかは、臨床検査により尿酸値増加がどのような原因で起きているのかを特定してから決定されます。

または、医師の判断により検査をせず、尿酸の生成を抑える薬を使用しても効果がない場合、尿酸の排泄量を増加させる薬を使用することもあります。

食事療法のポイント

食事療法は食事による尿酸値の上昇をできるだけ抑えることがポイントになります。

といっても、痛風の治療は生涯にわたりますので、継続してできることが大切です。

したがって、食べたいものを無理に我慢して、一生それを食べないようにするのではなく、食べたいものをある程度食べながらも、尿酸値を増やさない食事を心がけるようにしましょう。

尿酸は食べ物に含まれるプリン体が体内で分解されるときに生成されますので、プリン体が多い食べ物の過剰摂取を避けます。

一般的に、肉類はプリン体を多く含み、野菜類はプリン体が少ない傾向にあります。

肉類に偏った食生活をしてきた人は、意識して肉類を減らし、野菜類を増やすことが必要となります。

ストレスをためない

痛風の治療で生活習慣の改善があげられるのは、主に…

  • 肥満の解消
  • ストレスをためない
という理由からです。

痛風患者は一般的に肥満傾向にあることが多く、原因は偏った食生活や運動不足などの生活習慣にあると考えられています。

肥満は尿酸の排泄を阻害したり、合併症を発症しやすくしたりします。

そのため、痛風の治療では肥満の解消・予防が大切なのです。

また、ストレスとの明確な関係はわかっていませんが、高尿酸血症の人が痛風を発生するきっかけに、ストレスがなっているのではないかといわれています。

ストレスは尿酸値をあげるばかりでなく、血圧や血糖値を上げる原因にもなるので、痛風の合併症予防という観点からも、ためないようにしたいものです。

ストレスをためないためには適度な運動や趣味を持つことなども重要ですが、それらは規則正しい生活という基本の上に成り立ちますので、まずは生活のリズムを整えることから始めると良いでしょう。

生活リズムを整えることは、肥満の解消・予防にもつながります。

以上のような方法で、尿酸値を下げることができれば、痛風発作を防ぐことができます。

しかし、痛風発作が起こらないから、尿酸値が下がったからといって治療を中断してしまうと、すぐに治療前の状態に戻ってしまいます。

よって、痛風を発症したら生涯にわたる尿酸値のコントロールが必要となるのです。