1. ホーム
  2. 軽く見ないで!「痛風」という病
  3. ≫知っていて損はない、「痛風」と似た症状の病気

知っていて損はない、「痛風」と似た症状の病気

ある日突然足の関節に起こる強烈な痛みや腫れは、何も「痛風」だけの症状ではありません。安易な自己判断と間違った治療で、症状が悪化してしまうこともあるのです。

知っておいて損はない、「痛風」と似た症状の病気。

関節の腫れや痛みが「痛風」発作の特徴ですが、それ、もしかしたら別の病気かも知れません。

足

ある日突然、足の関節に強烈な痛みが走る、これが「痛風」発作の特徴です。

痛みに悶絶しながら、あなたは「これが話に聞く痛風か!」とあせるかも知れません。

しかし、関節部が炎症を起こし、腫れたり痛んだりする病気は、実は数えきれない程あるのです。

例えば捻挫などもそうです。

もちろん、捻挫は転んだ直後とか、どこかに強打した後だとか、原因がはっきりしているので、そう間違えることはありませんが。

ここでは、「痛風」と症状が似た病気のいくつかを紹介したいと思います。

代表的なものが「外反母趾」「変形性関節症」「偽痛風」「関節リュウマチ」です。

「痛風」と症状が似た病「外反母趾」「変形性関節症」「偽痛風」「関節リュウマチ」の特徴や見分け方。

外反母趾の特徴

「外反母趾」は足の親指の関節が腫れて、激しい痛みを起こします。

ハイヒールや尖った靴を履いたりして、関節部に無理な圧迫がかかることが原因です。

血液検査で「尿酸値」を調べれば容易に判別できます。

変形性関節症の特徴

「変形性関節症」は関節部に炎症が起こったり、水が溜まったりするものです。

激しい運動や老化などで、関節部の軟骨が擦り減り、骨同士がぶつかることが痛みの原因です。

高齢の女性に多いことや、X線検査で判別します。

偽痛風の特徴

「偽痛風」は急に痛みが起こり、数日すると治るという症状が「痛風」にそっくりです。

原因は結晶化するのが「尿酸」ではなく「カルシウム」であること。

膝・ひじなど大きな関節で起こることや、関節液の検査で判別します。

関節リウマチの特徴

「関節リウマチ」も「痛風」の症状とよく似ていますが、「痛風」と違い数日で痛みが消えるどころか、日ごとに増していきます。

患者の70%が女性であることや、X線検査で判別します。

安易な自己診断や治療は症状を悪化させるもと、まず病院へ行き、検査を受けましょう。

この他にも、関節に炎症や痛みを起こす病気はたくさんあります。

例えば化膿性関節炎末梢神経障害などもその1つです。

関節が痛むからといって、安易に自己診断し、冷やしたり、温めたり、マッサージしたりすると、病状がさらに悪化してしまう場合があります。

捻挫のように原因がはっきりわかっている痛み以外は、勝手に自己診断せずに病院へ行き、きちんと検査を受けましょう。

  • 発作が起こった日時・箇所
  • 痛みの程度
  • 痛みの経過時間(どれくらい続いているか)
  • 痛みの回数(初めての痛みなのか、二度目、三度目なのか)
  • 日常生活(食事や飲酒の量など)

 
これらを正確に答えられるようにしておくと、医師が症状を把握しやすく、より早く正しい診断を受けることができるでしょう。

まとめ

関節痛

関節の痛みの原因は様々で、その中には「痛風」と症状のよく似た病気もあります。

安易に自己診断し、間違った治療を行うと、かえって症状を悪化されることになりかねません。まずは病院で診察を受け、医師に正しく診断してもらいましょう。